猫背について

こんばんは、ことぶき整体院の院長です。

今回は当院の施術でも多い猫背について書きたいと思います。
以前患者さんから「猫背がひどいのですが、曲がっているのに
痛みがありません。なぜですか?」
という質問をいただきました。

猫背は背中の後ろに骨が湾曲してしまうタイプと
肩が丸まることによって姿勢が悪くなり背中が出やすく
なってしまうタイプがあります。(他にもありますが)
どちらも最終的には同じような形になってしまいがちですが、
骨が背中の後ろ側に湾曲して出てしまっていても痛くない方は
かなり多いです。背中(脊椎)の骨は逆に反ってしまったり右左にずれた
方が神経を圧迫しやすいので痛みは出やすいです。
猫背になると神経の圧迫より曲がった背中を支えるための
疲労感のほうが出やすい傾向にあります。
(詳しくはHPの猫背の部分を参照ください)
丸まる→曲がる→痛い  というようには一概にはならない
のです。

逆に肩から丸まってしまい肩甲骨などの変位がある場合は
肩甲骨に沿って(主に内側の背骨の近くです)痛いことが
多いです。
猫背といってもどのようになっているかで痛みの出方が
変わってきます。
痛みが無いと逆に曲がりが強くなってしまう(気が付かない)場合も
多く大抵他人や家族から姿勢が悪いと指摘されて気が付いたという
方もいらっしゃいます。

文章がうまくまとまりませんが、なんとなくでも分かっていただけると
うれしいです。

次回もまた質問からテーマをきめて書きたいとおもいます。

群馬県佐波郡玉村町 ことぶき整体院 院長